モノづくり技術高度化開発指導事業

県内企業の技術者や次世代を担う学生が、研究開発、試作、評価・分析などの実地研修や基盤技術のセミナーを受け、技術やノウハウを習得できる制度です。

申込書(PDF:73KB) 申込書(WORD:51KB)

研究開発の担い手を養成します。(無料)

次世代の担い手である企業人や学生が、工業試験場の研究業務に参画し、研究開発のノウハウ習得や能力向上が図れます。

[1]研究参画型研修

工業試験場の研究開発に企業の研究開発担当者や県内大学などの要請にもとづいた学生を受け入れます。

モノづくりの高度な技術が習得できます。(有料)

工業試験場の研究職員のほか、外部のモノづくりに卓越した専門技術者による高度な 設計、試作、測定、評価・分析技術の研修を行います。

[1]機器操作習得研修

工業試験場に設置した新鋭設備を利用して、高度な試作・評価及び操作技術が習得できます。

[2]基盤技術講習

製造現場等で必要な基盤となる専門技術や知識習得のためのセミナーを開催します。

[3]モノづくり百工塾

中核技術者に必要な製造及び品質管理技術を習得できます。

  • 工業試験場をはじめてご利用の方へ
  • お問い合わせ(直通電話番号案内)
  • 主要機器一覧
  • 研究成果
  • 競輪オフィシャルサイト
  • RING!RING!プロジェクト
  • 設備整備事業の一部に競輪の補助金が使われています。