開催講座の主な内容

開催日 講座名/詳細内容(URL)
7月26日(木)
13:30〜15:30
「製造業に活かせる身近なVR技術と業界の最新動向」
http://www.isico.or.jp/event/dgnet/d31127292.html
7月31日(火)
14:30〜16:30
「機能性表面処理技術の最新動向」
https://www.isico.or.jp/event/dgnet/d31126583.html
8月2日(木)
13:30〜15:30
「CFRPの耐久性評価と評価装置の紹介」
http://www.isico.or.jp/event/dgnet/d31127519.html
8月3日(金)
13:30〜15:30
「最新の塗装技術」
 −活かせる塗装の小さな工夫−(山中)
https://www.isico.or.jp/event/dgnet/d31128194.html
8月23日(木)
13:30〜15:30
「スマートテキスタイルシリーズ(T)」
 −圧電素材を用いたスマートテキスタイル
https://www.isico.or.jp/event/dgnet/d31128262.html
8月24日(金)
13:30〜15:30
「産業用ロボットによる3K作業の自動化技術」
https://www.isico.or.jp/event/dgnet/d31128019.html
8月30日(木)
13:30〜15:30
「太陽光発電の災害予防に向けた太陽電池実態調査事例」
http://www.isico.or.jp/event/dgnet/d31127685.html


開催講座の年間スケジュール

開催予定月 講座名
30年8月
  • CFRP製品の設計に関する考え方と製品の品質保証方法
  •   様々な金属積層技術に対する性能予測
      〜金属積層造形技術と非破壊検査技術の蓄積によるMI技術〜
30年9月
  • 省エネルギーを実現する調光ミラー用薄膜材料の開発
     〜建築物や自動車等の窓ガラスに用いることで冷暖房負荷を低減〜
  • 静電気とその対策  −静電気放電メカニズム、被害、そして対策方法−
  • IoTの導入現場で役立つデータ解析手法
  • 先端医療分野の高機能繊維
  • 文化財における漆塗膜の分析化学 (輪島)
  • はじめて3D技術を導入する際の基礎知識
     〜3DCADソフト「Fusion360」を使用したモデリング紹介〜
  • 戦略的都市鉱山リサイクルシステムの開発動向
30年10月
  • 製造装置としての金属3Dプリンタの最新動向
  • 再生可能エネルギーの高効率利用を実現する電気化学デバイスと水素製造技術
     〜水素エネルギー社会実現に向けた超高効率エネルギー変換とキャリア製造〜
  • 部品実装におけるコネクタの現状と今後の展開
  • センサー利用時の適切なオペアンプの選定と設計
  • スマートテキスタイルシリーズ(U)
     −風合いとスマートテキスタイル−
  • 機能性繊維素材とその応用
  • 最近の酒造技術、酒造業界の動向と今後の展望
  • 消費者のおいしさ認知のメカニズムと商品開発
  • 複合材料に用いられる樹脂の開発動向と樹脂特性の評価方法
30年11月
  • 高周波熱処理技術による表面硬化・高強度化への応用
  • 革新的繊維加工技術による新製品開発
  • 麹菌酵素を利用した機能性素材の開発
  • ナノ材料制御に関する最新動向
  • 炭素繊維複合材料の最新成形技術
  • 植物系バイオマス系樹脂(リグニン)の最新動向と活用技術
30年12月
  • 製造現場で応じたAI技術の選択
  • スマートテキスタイルシリーズ(V)
     −人体計測のためのスマートテキスタイル−
  • X線を利用した機械構造物の診断技術
  • IoT導入を支援するプラットフォーム
31年1月
  • 最新の振動解析技術(実稼動モーダル解析等)とその活用例
  • 高分子材料の機能・信頼性評価技術
  • 高画質マイクロスコープを利用した観察・解析技術 (高画質マイクロスコープ)
31年2月
  • 品質工学による研究開発のコスト低減と効率化 (2日間)
  • 青色レーザによる高品質な最新レーザ加工技術
  • 食品への異物混入の現状とその対策

※講師の都合により変更することがあります

事務局

(公財)石川県産業創出支援機構 次世代講座担当
TEL:076‐267‐8081 FAX:076‐267‐8090
(石川県工業試験場1F 企画指導部内)

  • 工業試験場をはじめてご利用の方へ
  • お問い合わせ(直通電話番号案内)
  • 主要機器一覧
  • 研究成果
  • 競輪オフィシャルサイト
  • RING!RING!プロジェクト
  • 設備整備事業の一部に競輪の補助金が使われています。